居宅介護支援事業所

専門スタッフが対応いたします。

介護保険を利用する介護の必要な方やご家族のご要望を尊重し、心身の状態や家庭の状況を考慮して、適切なサービスが利用できるように支援する事業所です。

介護支援専門の資格を持つケアマネジャーが、ご利用者とサービス事業者のパイプ役となり、連絡・調整や介護に関するさまざまなご相談に応じます。

また、継続的なサービスの評価、苦情の受け付けなどを行います。これらのご相談や、介護サービス計画作成の費用の負担はございませんので、安心してご利用いただくことができます。

対象となる方

第1号被保険者

65歳以上の方。

病気やケガなど、その原因にかかわらず、日常生活を送るにあたって介護や支援が必要となった方。

第2号被保険者

40歳〜64歳までの方。

加齢による病気(特定疾病)が原因で介護や支援が必要となった場合に、要介護(要支援)認定を受ければ介護保険のサービスを受けることができます。

特定疾患とは?

  • がん末期
  • 脊柱管狭窄症
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 早老症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 後縦靱帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 多系統萎縮症
  • 脳血管疾患
  • 初老期における認知症
  • パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、パーキンソン症)
  • 脊髄小脳変性症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ

居宅介護支援サービス内容

居宅介護サービス内容
  • 要介護認定の申請代行業務
  • 居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成
  • サービス事業者との連絡・調整
  • 病院や介護保険施設との連絡・調整
  • 介護支援相談業務

サービス利用までの流れ

  1. 要介護認定の申請
    申請は本人や家族のほか介護支援専門員も代行できます。
  2. 調査
    札幌市の調査員がご本人にお会いして、日常生活動作等に関する調査を行います。
    主治医に意見書の作成を依頼します。
  3. 審査
    訪問調査の結果と主治医意見書をもとに専門家が審査します。
  4. 認定
    認定結果が届きます。(非該当(自立)、要支援1・2、要介護1〜5)
  5. サービス計画の作成(ケアプランの作成)
  6. サービスの利用

居宅介護支援サービス利用料金表

居宅介護サービス計画作成等の利用料金は、全額介護保険負担となりますので無料です。

※介護保険料を納めていない方は全額自己負担となりますのでご了承下さい。